楽しい語彙学習~反対ことば編

絵カードを使った語彙学習は効率的であったり、ターゲットを絞った学習ができるというメリットがあるのですが、単調になりがちというデメリットも。

言語聴覚療法でも絵カードは登場します。

絵カードを使っていても「楽しい」個別療育になる工夫をご紹介します。

 

ターゲット:反対ことばの獲得・使用

まずは、絵カードを使って、ターゲットとなる反対ことばを紹介。

 

反対ことばカード

 

ここから楽しい部分に突入!

反対ことば

神経衰弱』『ババぬき』『ジジぬき』ゲームをしながら、反対ことばの練習

 

Jengaを使って、さらに反対ことばの練習

 

反対ことばを覚えてきたら、「なつは あつい。ふゆは さむい。」「わたしの ては ちいさいけど、おとうさんの ては おおきい。」など、反対ことばを使った文章を作る練習もゲームに盛り込んでいきます。

 

キーワードは「楽しい!」です。

大人も子どもも楽しめる学習のコツ探し、これからも続けていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA