バイリンガル児の言語評価

ここ最近、日本および海外のバイリンガル環境で子育てをしている方々から、お子さんの言語・コミュニケーションに関する相談を受けることが増えています。

すでに他機関が検査をした方、学校での検査をすすめられた方など様々ですが、共通している問題があります。

それは

評価や支援にバイリンガル環境で育っていることが十分に考慮されていない

ということです。

そのことが、お子さんの学習のつまずきやご家族の不安・心配の原因となっているケースが多々あります。

あらためて、2つ以上の言語に触れて育っている子どもの言語発達に関して、各言語の発達に影響を及ぼす要因を見ていきながら、バイリンガル児の言語・コミュニケーションを評価する際に留意しなければならない点についてまとめてみたいと思います。

言語発達に及ぼす要因について

バイリンガル児の言語力に関しては、様々な要因がその達成度に影響を与えます。いくつかの例をあげてみたいと思います。

環境的要因

  • 各言語を使う場面(家・学校・地域など)と頻度
  • 各言語を使う文脈(友人との会話・近所の人との会話・学習場面で見聞きする言語など)
  • 本やおもちゃなどのリソースへのアクセスの有無、その質や量
  • 周囲の各言語に対する理解や態度
 

個人の要因

  • 言語力や認知力
  • お子さんの性格や興味
  • 各言語環境下での経験
 

2つの言語を学び始める時期

バイリンガルとは、2つの言語を使って「話す」「聞く」「読む」「書く」ことができる人を意味し、一般的に、2つの言語を学び始めた時期によって「同時バイリンガル」「継起バイリンガル」(けいきバイリンガル)に分類されます。