しりとり

 

前の記事で、海外で生活する子どもたちの語彙力不足について書きましたが、 語彙力アップにつながるアクティビティーについて触れたいと思います。

それは『しりとり』です。

実は、最近、息子がこの『しりとり』遊びにはまっているのです。

日本古来からある『しりとり』は、日本語ならではのことば遊びです。

紙も鉛筆も必要ありませんから、車の中でもできます。

車で移動する機会の多いアメリカ生活では、もってこいの遊びかもしれません。

『しりとり』は、語彙力アップだけではなく、語想起(ことばを思い出す力)、『読む』力につながる音節分解能力などといった言語力をつけるためにも、とてもよいアクティビティーです。

さらに、ことばの「やりとり」をするという意味でソーシャルスキルの練習にもなります。

車の中で、お子さんが飽きてきたら、ぜひ『しりとり』を試してみてはいかがですか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA