今週の絵本「こうくんとちいさなゆきだるま」

「春」がもうすぐそこまでやってきているのを感じつつ、まだまだ寒い今日この頃。

そんな今の時期、心温まる「雪だるま」のお話をご紹介したいと思います。

 

こうくんとちいさなゆきだるま

 


こうくんとちいさなゆきだるま
 著者:はせがわ さとみ、出版:小学館
 


雪がつもった朝、こうくんは小さな雪だるまを作りました。

その夜、窓の外をのぞいたこうくんが目にしたのは、手がはえ足がはえ、とことこ歩いていく小さな雪だるま!

小さな雪だるまに誘われてバスに乗り、着いた先は「ゆきまち いっちょうめ」

雪のレストラン、雪のプール、雪の商店街・・・。

なにもかもが雪でできていました。

雪だるまたちといっぱい遊んで楽しかったこうくん。

すっかりさむくなってしまい、「ぼく、そろそろ帰ろうかな」と小さな雪だるまに伝えます。

「僕は、このままここにいるね」と言う小さなゆきだるまにさよならをして、こうくんはおうちに帰りました。

 

こうくんと小さな雪だるまとの心温まるふれあい。

絵本に登場する雪だるま探しをしながら、目から耳から楽しめる絵本です。

 

 

こうくんとちいさなゆきだるま

 

 

こうくんのちいさなゆきだるま」では、場面設定や登場人物、出来事が明確に描かれており、言語聴覚療法で大活躍。

こうくんとちいさなゆきだるま2

 

以前ご紹介したグラフィックオーガナイザーをアレンジして、物語の要素を特定します。

こうくんとちいさなゆきだるま3

そして、出来事を時系列に沿ってお話する練習をします。

 

春が来るのが待ち遠しい・・・ですが、残りの冬の時間も楽しみたいー

そんな今の時期にぴったりの絵本かもしれません。

 

ぜひ親子で楽しんでくださいね~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA