オンラインスピーチセラピー

新型コロナウイルスの感染拡大防止により、日本だけでなく、全米、そして世界中で学校やクリニックの閉鎖が行われ、その期間も長期にわたる地域が出てきています。

人との接触を控える必要がある今こそ、子どもたちの学習や療育など、子どもたちが必要なサービスを確実に受け続けることができるシステムを作っていく必要があります。

そんな中、アメリカでは、オンラインでスピーチセラピーを提供するスピーチパソロジストの数が急増しています。

今回、以前から携わっていたオンラインスピーチセラピーについて、より多くの方に知っていただきたいという思いから、オンラインスピーチセラピーの紹介動画を作成いたしました。

オンラインスピーチセラピーに必要なもの

オンラインスピーチセラピーを受けるにあたりー

・ネット回線に繋がっているコンピューターまたはタブレット

・ウェブカメラ(コンピューターまたはタブレットに搭載されていない場合)

・スピーカー&マイク(コンピューターまたはタブレットに搭載されていない場合)

ーが必要になります。