来年4月に就学を控えているお子さんをお持ちの方々は、そろそろ就学のための学習準備を考え始める頃かもしれません。

就学までにひらがなを書けることを目指そうとひらがなを書く練習を始める方も多いかと思います。

しかし、ひらがなの読み書きができるようになるためには、ひらがなを書く練習をするだけでは十分ではないことをご存知でしょうか。

ひらがなの読み書き、特に『読む』ことができるようになるためには、『音韻意識(Phonological Awareness)』が果たす役割が大きいのです。

音韻意識(Phonological Awareness)』とは、単語を構成している『音』を理解し、その『音』を操作して単語を構成することができる力です。

 

  • 単語を『音』の単位に分解する力:

「たまご」が「た・ま・ご」の3つの音ができてることを理解。

 

  • 『音』を組み合わせて単語を構成する力:

「た」「ま」「ご」、この3つの音を組み合わせてできる言葉は?→「たまご」

 

  • 単語内の『音』を操作(削除・追加・入れ替え)する力:

「たまご」の「ま」を言わずに言うと?→「たこ」(削除)

「たまご」の「ご」を「り」に変えると?→「たまり」(入れ替え)

 

ーということで、音韻認識力をアップさせるワークブックを作成しました!

 

音韻認識力ワーク

 

なんと全90ページで、これ1冊でひらがなを読む力がしっかりと身につく構成になっています。

ワークブックの構成は以下のとおりです。

・音節分解:音の数はいくつかな?
・音節・単語の合成:音と音の足し算
・文字&絵合わせパズル
・文字マッチング
・単語構成
・絵とひらがなマッチング
・ことばをあつめよう
・音韻操作:音であそぼう!
・ひらがなかるた

ぜひお試しください♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA