好き嫌い克服法

 

好き嫌い克服法 その4は、『お皿に盛り過ぎない』ことです。

親としては、栄養のあるものを“いろいろ” “たくさん”食べて欲しい!ですよね。

―で、ついつい、お皿にたくさん盛ってしまいませんか?

でも、ここはぐっと我慢。

好き嫌いのあるお子さんにとって、苦手な食べ物がのっているお皿はプレッシャー以外の何者でもないのです。

ですから、そのプレッシャーをできるだけ少ない方法で導入していくことが大切です。

ポイントは・・・ 子どもの好きな食べ物の横に、苦手なものをほんの少し。

しかも、1回に挑戦するターゲットの食べ物(苦手な食べ物)は1種類のみ。

急がば回れ ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA