「今日、幼稚園で/学校で何したの?」

多くの方が、学校から帰ってきたお子さんに聞く質問だと思います。

 

その時、お子さんはどのように説明しているでしょうか?

相手にわかるように説明できているでしょうか?

 

このように、相手にわかるように説明することができるようになるためには、英語のWH-Questionsの要素を含めてお話する必要があります。

 

  • When? いつ?
  • Who?  誰が?
  • Where? どこで?
  • What? 何を?
  • How? どのように?
  • Why? どうして?

 

この「報告する力」あるいは、お話を読んだり聞いたりして「要約する力」をつける練習で、私が愛用しているワークシートがありますので、ご紹介したいと思います。

 

Reading Retelling Hand Graphic Organizer

 

です。

Teachers Pay Teachersのサイトから無料ダウンロードできます。

 

このワークシートでは、

  • 親指:登場人物
  • 人差し指:場面設定(いつ?どこで?)
  • 中指:問題
  • 薬指:出来事
  • 小指:問題の解決法、結論

となっていますが、英語と日本語の文法の違いやお子さんの発達年齢に合わせて、私は適宜アレンジして使用するようにしています。たとえば、先ほどのWH-Questionsの要素を使って・・・

  • 親指:いつ?
  • 人差し指:誰が?
  • 中指:どこで?
  • 薬指:何を?
  • 小指:どのように?どうして?

のように使います。

 

このグラフィックオーガナイザーの良いところは、紙と鉛筆がない場面でも使えるということです。

それぞれの指と要素が頭に入っていれば、手のひらを見ながら、必要な要素を整理してお話することができるのです。

すなわち、自分の手のひらを視覚ヒントとして使えるのです。

 

Amazon.co.jpでこんな付箋紙もみつけました。

興味のある方はどうぞ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA