幼児期に必要なソーシャルスキル

ソーシャルスキル ー 幼少期から大人まで、生活するうえでとっても大切なスキルです。

今回は特に幼少期に必要なソーシャルスキルについてお話したいと思います。

 

幼稚園や保育園といった集団生活を始める幼少期。

どういった場面どういったソーシャルスキルが必要でしょうか?

 

例えば、外遊びでー

  • お友だちと協力して砂の山を作る
  • スコップやクマデなど砂場遊びの道具をお友だちと共有する
  • おにごっこなどの遊びのルールを守る
  • おもちゃを使う順番を守る
  • 独りぼっちのお友だちがいたら、仲間に入れてあげる
  • すでにある遊びのグループに入りたいときは「入れて」と言ってから入る

 

プレイルームでー

  • お友だちと積み木の家を作る
  • 先生のお話を静かに聞く
  • 教室を移動するとき、列に並んで移動する
  • 困っているお友だちがいたら、そのお友だちの気持ちに気づいて助けてあげる
  • お友だちが何か上手にできたりがんばっていたら、ほめてあげる
  • 自分のモノ・お友だちのモノを区別し、どちらも大切にする

 

その他にも、場面に応じて必要となるソーシャルスキルがたくさんあります。

 

このソーシャルスキル、日本では「わざわざ言わなくても/教えなくてもわかる」はずと受け取られている傾向があるように感じています。

「わざわざ言わなくても/教えなくてもわかる」お子さんもいるのですが、そうではないお子さんも少なくないと思うのです。

ーであれば、わからないお子さんが悪いのではなく、教えてあげればいいのです。

 

個別療育用の教材を探している中で、幼少期のお子さんのソーシャルスキル個別療育にぴったり!のサイトを見つけました。

 

ソーシャルスキル個別療育

We Do Listen Foundation』が作成したサイトで、幼少期のお子さんに必要なスキルを絵本・歌・アニメーションを通して学ぶことができます。

  • Being a better listener
  • Follow your heart and do your best
  • How to deal with bullying
  • Making the most of things
  • Managing anger

などなど

 

こういったサイトが日本語でもあるといいですよね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA