Speech-Language Evaluation

5月も最終週に入り、夏の気配を感じるようになってきましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今週は「今週の絵本」をお休みして、言語聴覚療法における評価の役割についてお話したいと思います。長文ですが、大切な情報ですので、ご一読いただければ幸いです。

そもそも、評価って何?

例えば、お子さんが突然発熱(①)したとします。

まず、体温を測り、睡眠をしっかり取るようにし、場合によっては市販薬を飲ませ、熱が下がることを願うでしょう(②)

 

しかし翌朝になっても熱は下がらず、小児科を受診することにします(③)

 

苦しんでいるわが子を目の前にして、親として「一刻も早く治してほしい」という願いのもと、診察室に入ります。

 

診察室に入ると、何が行われるでしょうか。

「一刻も早く治してほしい」親心を理解しつつも、医師はすぐに薬を処方したりはしません。

 

なぜでしょうか?

 

「一刻も早く治す」ためには、適切な検査を行い、正確に診断する必要があるからです。

 

医師は、

  • 保護者からお子さんの様子を聞き取り(問診)
  • 体温や呼吸、心拍数などバイタルサインをチェックし、
  • 視診・触診・聴診により、身体の状態をチェックします。
  • その後、必要に応じて血液検査や画像検査等の検査を実施します(④)

その結果を総合的に判断し、正確な診断を行い、診断に基づいて投薬等の治療を行います(⑤)

治療を開始後、3日後、7日後など、症状と治療効果を再評価し(⑥)、完全治癒を確認して治療終了となります(⑦)

「一刻も早く治してあげたい」ために、検査をせずに治療を開始してしまえば、誤診のため、症状が良くならないどころか、場合によっては症状が悪化し、命にかかわることも起きかねません。すなわち、避けられたはずの重大な問題を招いてしまうことになりかねないのです。

実は、小児の言語聴覚療法におけるステップも同様なのです。

それがどういうことを意味しているのか、もう少し詳しくご説明します。