オンラインスピーチセラピー

テレセラピー(直接支援)

テレセラピー(直接支援)では、言語聴覚士とお子様(保護者同席も可)がビデオ通話プラットフォームを使って、スピーチセラピーを行います。

テレセラピー(間接支援)

画面に注目したり着席することが難しいお子さんの場合、以下の手順による間接的な支援をご提供いたします。

  1. 保護者の方に、お子さんの日頃の様子を録画したものをお送りいただきます。
  2. お送りいただいた動画をあらかじめ言語聴覚士が視聴・分析します。
  3. ご予約の際に保護者の方と一緒に動画をみながら、お子さんとの関わり方をお伝えします。

料金

30分:3,000円 

40分:4,000円

 
☆テレセラピー開始前に、現状把握と目標設定のため、初回評価(1言語による評価:10,000円、バイリンガル評価は別途要相談)を受けていただきます。
 
2021年1月より新料金が適用されます。詳しくはこちらをご覧ください。

FAQ

Q: テレセラピーとは何ですか?

A: テレセラピーとは、言語聴覚士とお子様(保護者同席の場合もあり)がビデオ通話を通して個別療法を行う方法です。

Q: テレセラピーには何が必要ですか?

A: ウェブにアクセスできる機器(スマートフォンかタブレット、ノートパソコン、あるいはデスクトップパソコン)、ウェブカメラ(機器に内蔵されたものでもOK)、マイク&スピーカー(機器に内蔵されたものでもOK)が必要です。

Q: テレセラピーでセラピー効果が期待できますか?

A: アメリカでは1990年代後半からテレセラピーが普及し始め、アメリカ言語聴覚学会(ASHA: American Speech-Language Hearing Association)により、効果的かつ適切な方法だと認められております。

Q: 画面に注目したり着席することが難しい子どもの場合、テレセラピーを受けることはできませんか?

A: 画面に注目したり着席することが難しいお子さんの場合、上記の間接的なテレセラピーのご利用をぜひご検討ください。

オンラインレッスン開始までの流れ