人形を使って物語を表現するフェルトボードストーリー。

日本では、エプロンシアターやパネルシアター、ペープサートのほうが広く使われている教材だと思いますが、原理はほぼ一緒です。

絵本から飛び出てきたキャラクターたちが子どもたちの目の前でお話に合わせて立体的に動き、
子どもたちは、お話に夢中になります。

大人が読み聞かせてあげるだけでなく、子どもが人形を操作することができれば、
より深く、キャラクターの気持ちや行動、ストーリーを理解することができます。

今日は、そのフェルトボードストーリーの中から『はらぺこあおむし』をご紹介します。

英語名はThe Very Hungry Caterpillarといいます。

この絵本は、日本でもアメリカでも(おそらく世界中で)大人気の絵本です。

「小さな青虫が大きく成長してさなぎになり、きれいな蝶になる」という時系列を学ぶことはもちろん、数の概念、食べ物の名前など、絵本を通して、たくさんのことを学ぶことができます。

その楽しい絵本をさらに楽しいモノにしてくれるのが、フェルトボードやエプロンシアターだといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA