「ダウンロード教材の印刷は普通紙で大丈夫ですか?」

というご質問をいただきました。

同じ疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもーと思い、質問をくださった方の了承を得て、私が使用している用紙と、印刷後、絵カードを作成するのに使用しているツールをご紹介したいと思います。

 

用紙について

神経衰弱等、カードを裏返して使用する必要があるかどうかによって、普通紙を使用するか厚手の用紙を使用するかを判断していただけるとよいと思います。

 

普通紙

厚手用紙

 

上記の写真を見比べていただけるとお気づきかと思いますが、普通紙に印刷すると裏返したときに表の絵が見えてしまうのに対し、厚手の用紙の場合、裏からはうっすらしか見えません。

 

印刷後の工程について

用紙に印刷後、ラミネート加工し、ペーパーカッターで裁断します。

 

すると、以下のような絵カードのできあがります♪

cards

 

かるた遊び等カードを裏返して使用する必要がない場合は、普通紙に印刷してラミネート加工するだけでも十分な耐久性が得られますので、用途に応じて用紙を使い分けていただけるとよいかと思います。

ちなみに今回使用した用紙とラミネートフィルムはこちらです↓

  

ご参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA