以前にお話したソーシャルスキルですが、そのひとつである“Good loser”になることについてお話したいと思います。

私の息子の話なんですが、近頃、カードゲームやボードゲームを楽しめるようになってきました。

もちろん、手抜きをして、彼が勝つ場面が多くなるようにしているんですが、 彼自身が“負ける”立場になることもあるわけです。

彼はいまいち“負ける”ことが苦手です。
負けそうになるとゲームをやめたがったりすねたりしてしまいます。
でも、その瞬間が彼自身が学ぶ瞬間なのです。
彼がゲームに負け、“Good loser”になれないたびに、次のようなことを彼と話すようにしています。

ゲームでは勝つことも負けることもある。
勝つと気分がいいけれども、カッコよく負けることも大事だということ。
勝ったときは負けた人の気持ちを考えることも大事だということ。

もちろん、1度や2度では”Good loser”になることはできませんが、こうした学ぶ瞬間を見逃さずに日々の経験の中で学んでいくことがとても大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA