オンラインスピーチセラピー

「こんにちはー!」という元気なあいさつで始まるオンラインスピーチセラピー

日本中、世界中、どこにいても、お子さんとセラピストがリアルタイムでつながり、楽しいセラピーの時間が始まります。

対面で行うセラピーと同等のセラピー効果があると実証されているオンラインスピーチセラピーですが、今日は、『お子さんの言語発達のために、なぜ&どのように、オンラインスピーチセラピーが効果的なのか?』という疑問にお答えします。

生活空間の中のセラピー

お子さんの言語発達には、親御さんの関与が必須です。
実際、1週間に数時間のみの療育で効果を上げることは非常に困難で、生活の中にスピーチセラピーを含め療育の課題を取り組むことで、その効果を最大限にあげることができることが実証されています。

具体的な例で考えてみましょう。

例えば、サッカーを習得しようとしているお子さんがいるとします。このお子さんが、サッカーが上手になるためには、どうしたらよいでしょうか。

家や学校で、サッカーについて勉強をしたり、サッカーの動画を見てボールを蹴る練習をしたら、上手になるでしょうか?

それとも、チームメンバーと一緒にサッカーフィールドで練習した方が良いでしょうか。

答えは当然、後者です。

なぜでしょうか?それは、サッカーを習得するのであれば、サッカーを実際にプレイする空間で練習することが、もっとも効果的だということなのです。