オンラインセラピー

新型コロナウィルスの影響で休校や外出自粛が続いていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

Suzuki Speech Roomでは現在、オフィスでの対面セラピーはお休みし、オンラインセラピーのみ実施しており、以前からオンラインセラピーをご利用の方々に加え、対面セッションからオンラインに切り替えた方々、新規の方々にもご利用いただいております。

オンライン中心の支援に切り替えて2か月余りが過ぎた今、あらためてオンラインセラピーの向き不向きや、私が行っている配慮についてまとめてみたいと思います。

オンラインセラピーに関しては、お子さんの発達の様子や性格によって、向き不向きがあると言われます。まず、その点について、私の経験をもとに考えていきたいと思います。

発達年齢

生活年齢ではなく発達年齢から考えて、2歳未満のお子さんに関しては、ビデオ通話でのやりとりが難しいことがあります。この場合、言葉を育てる関わり方や言葉かけの方法などを親御さんに学んでいただいたり、親御さんのご心配や疑問にお応えするピアレントトレーニングといった形ですすめていくようにしています。

2歳~3歳の発達段階になると、お子さん自身がスクリーンを通して私とやりとりするのを楽しめるようになってきます。

4歳~5歳の発達段階になると、技術的な問題といった「もしも」の時のために親御さんが近くにいてくださる状況で、1人で椅子に座って、私と一対一のやりとりができるお子さんが多くなってきます。

小学生以上のお子さんに関しては、ログインやマウスの操作も含めて一人でできるお子さんがほとんどになります。

お子さんの性格

以前、アメリカでオンラインセラピーに従事していた際、とても恥ずかしがりやのお子さんがいました。そのお子さんの場合、ビデオカメラをつけない状態でセラピーを行うといった配慮をすることで、オンラインセラピーに参加することができました。後にも先にも、こうした特別な配慮が必要なお子さんはそのお子さんのみで、どのお子さんもお互いの顔を見ながらやりとりする