おにぎり作り

新型コロナウィルス拡大防止のため、園・学校だけでなく習い事もお休みとなり、お子さんの発達について

「このままでいいのだろうか」

「発達が滞っているのではないだろうか」

と不安になられている親御さんも多いことと思います。

コロナが一刻も早く収束していつもの生活に戻ってほしいというのは、誰もが願っていることですが、お子さんの発達のためにも、「今、できること」に注目して実行していくことが大事だと感じています。ある意味、発想の転換によって、日常のちょっとしたことをお子さんの発達につなげていくことができるのでは―と。

そんな中、先日、オンラインセラピーのあと、あるお母様から『お手伝い』に関する素敵なお話をお聞きしました。そのお話をヒントに、『お手伝い』がいかに、お子さんの発達を促すことができるのかということについて、お話したいと思います。

そのお母様によると、休校中のある日、お昼ごはんのおにぎり作りを一緒にしたのだそうです。

まず、おにぎりを作る工程をお子さんに説明。

でも、すべてを説明するのではなく、お子さん自身が考える余白を残して、おにぎり作りのお手伝いがスタートしました。

ここから時系列に沿って、『おにぎり作り』というお手伝いと、このお母様の声掛けが、お子さんの発達にいかに役立ったのかについて、整理していきたいと思います。

指示を聴き、理解する力

お母様は、おにぎりを作り始める前に、おにぎりを作る工程をお子さんに説明しました。

  1. 手をぬらす
  2. 手に塩を少しつける

これらの工程を聞いて、お子さんは、その指示の内容と順序を覚えました。

算数

そして、お母様は、お昼ごはんに家族全員がおにぎりを食べるには、何個のおにぎりが必要なのかをお子さんにたずねました。

ここで、お子さんは、

お父さんは2個、僕は1個・・・と家族一人ひとりが食べる量を計算し、おにぎりの合計数を出しました。