言葉につまずきのあるお子さんの外国語学習

2020年の学習指導要領の改訂に伴い、小学3・4年生から外国語活動が導入され、5・6年生に関しては、英語が「教科」として教えられるようになりました。

この流れの中で、言語発達に心配のあるお子さんの英語学習に関して、以下のような質問をお受けする機会が増えてきました。その質問とはー

『言語発達に遅れがあるのですが、外国語を学ぶことは避けるべきでしょうか?』

『国語の学習につまずきがあるのですが、英語を学ぶことで、さらに混乱するのではないでしょうか?』

そこで今日は、長年、バイリンガル児の言語発達に携わってきた立場としての見解をお伝えしたいと思います。

まず結論から先にー

言語に障害あるいはつまずきのあるお子さんが外国語を学ぶことは、なんら問題ありません。

では、この結論の理由と留意すべき点についてお伝えします。

なぜか?

まず、子どもたちがもって生まれてくる可能性についてお話します。

子どもたちは本来、一度に複数の言語を学ぶ可能性を持って誕生します。複数の言語を獲得していく能力については、乳児期の段階で、赤ちゃんは聞きなれた言語音と聞きなれない言語を聞き分けることができるという研究でも示されています。

ただし・・・

子どもたちが生まれながらに複数の言語を学ぶ可能性を持って生まれるとしても、子どもたちは勝手に言葉を獲得していくわけではありません!

1つの言語、複数の言語という言語の数に関わらず、子どもたちが言葉を獲得していくためには、本人が持って生まれた言語獲得能力に加えて、